気に入ったらポチっとお願いします

【わかりやすい】日本の神様~天之御中主神~

スポンサーリンク
ランキングに登録しています。
気に入ったらポチっとお願いします。
御朱印
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

日本にたくさんいる神様。

このブログでは、神様の名前のも読み方など

初歩の初歩からわかりやすく紹介していきますので、神話などに触れたことがない人も、リラックスしてみてください!

神様のことを知るメリット

日本には「八百万の神様」といって、数え切れないほどの神様がいます。

「八百万の神」とは、あらゆるところに神様がいるという考え方。

自然にも、物にも、人にも、あらゆる所に神様がいるという事なんです。

イメージは沸くと思います。

お金の神様、健康の神様、勝負の神様、恋愛の神様、ロマンスの神様など(ロマンスの神様?)

どんな所にも神様がいます。

御朱印あつめをやる人にとって、

神様についての知識がある人と、無い人では、楽しさが雲泥の差です。

どうしてか。それは、

・ どこの神社に行っても「御祭神」の名前がありますが、
 どんな神様か分からない。
・ ネットに御祭神の名前が書いてるけど、読み方もわからないし、
  どんな神様か分からない。
・ 「ここの神社には金運が」と書いてあっても、
  どうしてそう言えるのか分からない。

こんな事を思ったことがあると思います。(ま、気にしません。という人は損してますよ!)

神様について知識があれば、

・ 「あぁ、ここの神社は○○神がいるから、ご利益は○○だっ。」
・ 「ネットには○○のご利益しか書いてないけど、
  こういうご利益もあるんだよねー」

など、神社巡りの楽しさが何倍にも膨れ上がります。

それに、神様の名前だけ眺めているより、その神様について知って、好きになって、神社巡りした方が、神様とのつながりを求める「神社巡り」「御朱印集め」が楽しくなること間違いなしですもん!

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)とは

「始まりの神様」と言われます。

では、どうして「始まり」なのかを教えます!

まず初めに、「別天神(ことあまつかみ)」について知りましょう!

ハリ子
ハリ子

ことあまつかみのかみ??

この世界は、元々なーんも無い「無の世界」だったんです。

そこに世界が生まれます。

神社巡りをしていたり、神様の世界が好きな人なら必ず耳にする「高天原(たかまのはら)」です。

高天原を一言で説明すると、

神さま達が生まれる前からあった神の世界(天界)

そこに突然!何の前触れもなく1人の神様が生まれるんです。

それが、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)だったんです!

つまり、最初に生まれた神さまなんです!

神々が生まれていく

その後、

1 高御産巣日神(たかみむすひのあみ)

2 神産巣日神(かみむすひのかみ)

3 宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)

4 天之常立神(あめのとこたちのかみ)

の順に天(高天原)に神様が生まれていきます。

造化三神(ぞうかさんしん)とは

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)

神産巣日神(かみむすひのかみ)

の3柱(神様を数える単位は「柱」です)を「造化三神」と呼びます。

別天神(ことあまつかみ)とは

上記で紹介した造化三神と、

・ 宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)

・ 天之常立神(あめのとこたちのかみ)

 の5柱を合わせて、

別天神と呼びます!(男女の区別もない、神々の祖の神です)

そして、別天神は姿を消すのです・・・。

神々がいない世界に突如誕生した天之御中主神。そして5柱合わせた別天神は神話を語るうえで特別な存在なのです!

天之御中主神のご利益

始まりを生んだ神々の祖の神→安産
長きにわたる世界の始まり→長寿、延命、事始め、事業成就
など。

どこの神社に行けば会えるのか

出雲大社、東京大神宮、水天宮、
千葉神社、吉備津彦神社、
サハムラ神社(造化三神を祀っています)など。

おわりに

何も無い無の世界から高天原の地(天界)が生まれ、天地開闢(てんちかいびゃく)が起こる。

そして、今の世界を作ったともいえる、神々の始まりの神である天之御中主神が生まれた。

そこから神様が次々を出現していきます。

すべての始まりは天之御中主神から始まったのです!

名前の知名度は低いかもしれませんが、神様を語るうえで外せない神様なのです!

造化三神を祀っていることで有名なのはサハムラ神社ですので、機会がある人はそちらの参拝もぜひ行っていただきたいです。

ぜひ、興味を持った人は、天之御中主神や造化三神、別天神を祀る神社へ参拝にいってみてはいかがでしょうか!

以上、御朱印マニアのハリネズミでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました