雑記

コロナでイスラエルがケータイの通信を傍受だって?

朝起きてニュースを見たら、びっくり。

2020年3月14日のこと。

最近は新型コロナウイルスの脅威が世界を脅かしておりますが、イスラエルのネタニヤフ首相が会見でおっしゃったとのこと。

コロナ感染で外出禁止の方が外部の人と接触していないか監視を強めるために携帯の通信データを傍受できるよう手続きを進めるとのこと。

怖い!と思いう方も多いはずです。

元々はテロ対策で使う追跡技術って聞いて、「すごっ」と思った。

できるんだろうなぁーとは思ってたけど、精度そんなにすごいんだと思ったのが率直な私の感想です。

ケータイ落とした時のGPSとは訳が違うんだろうなとど素人感想を抱いてしまった。

でも、通信データ傍受って、ちゃんと性能あるから話が出るってことですよね?

あー監視できちゃうんだ、やっぱそうだよね現代。現代の技術ってすごいなぁ。

と感心。感心と恐怖感。

イスラエルも、今回特別ということみたいです。当たり前のように通信傍受があるわけじゃないようですので、ご安心を。

新型コロナウイルスの拡大が深刻で、感染者が増えないようにということでの話みたいです。

この制度はおかしい!とか政治経済のプロでもなんでもない私が勝手なコメントをするわけにも、いかないので、すげー、とか怖いーとかだけの感想に留めておきますが、みなさん、どう感じますでしょうか。

日本も新型コロナウイルス問題が日に日に深刻になってます。

ツイッターでもたくさん書き込みがありますが、みんな、収束を願ってます。

一人一人の予防策が大切だと思います(でも若い人とか元気いっぱいの人がコロナなななっても気付かないらしいですよね、こういうのが1番怖い、、知らずに移ってしまうから拡大してしまうんですよね)

素人には適切な予防策も改善策も分かりませんから、専門家の人が正しく効果的な対策をわかりやすく教えてほしいものです。

ガセ情報に踊らされないように、私達も気をつけて情報を得ましょう。

おすすめ記事

-雑記

Copyright© 【ハローグ】ハリネズミの御朱印旅ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.