エッセイ

ユメマチビト 【オリジナル作詞】

静かな四角の部屋の中で

1人 また立ち膝の僕

鏡に映る姿情けなくて

そんな自分から目を逸らす

電車の音で窓を見る

暗い夜も怖くない

23時暗い部屋の中で

朝日をただ待っている

明日になれば今日とは違う景色が見れるんでしょう

夢をみるなら

いい夢にしてね

現実では疲れ果ててるんだから

夢でくらいは

綺麗な景色や安らぎで

私を休ませて

現実逃避の日々

でもぶつかって

その度に逃げ道を探してる

でも逃げれない

四方壁だらけだ

現実ってそんなもんでしょ

みんな死んだような顔してるもんね

そんなもんだよ 現実なんて

割り切って1日過ごすだけ

生きてくためだもん

週末のためだもん

だからせめて

ベッドの中でくらい休ませて

夢を見るなら

柔らかな夢にして

明日もまた仕事なんだから

疲れるような夢は御免だよ

贅沢言えるなら

夢でくらいは

魔法とか使わせてほしいよ

空を飛んで

魔法で人を救ったりして

夢でくらいは好きな事させてね

現実の中に

楽しい事も

たくさんある事知っているけどさ

夢でくらいは

笑顔にして

そして朝日がやってくる

また新しい 朝が来たから

一日がんばれる

辛い日々とか

思い過ごしだよ

夢でまた楽しみましょう

夢の中で 待っているから

朝日と一緒にあなたに

いってらっしゃい。

おすすめ記事

-エッセイ

Copyright© 【ハローグ】ハリネズミの御朱印旅ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.