気に入ったらポチっとお願いします

神社で唱える祝詞のススメ【祝詞奏上で魂の格を上げる】

スポンサーリンク
ランキングに登録しています。
気に入ったらポチっとお願いします。
御朱印
スポンサーリンク

神社への正しい参拝方法をマスターしたら、次は「祝詞」を覚える段階へレベルアップしましょう。

自分の穢れを払い、神様に対して美しい言葉を奏上することは、神社巡りの質を上げるために重要です。

今回は、祝詞についての基本をお伝えします。(3分で読めます)

スポンサーリンク

祝詞とは

祝詞とは、神様の奏上するものです。

読み方は、「のりと」です。

仏教でいう「お経」のようなものと考えてくださればいいと思います。

お寺ではお経を上げますが、神社では祝詞を上げます。

神社へ厄払いや祈願へ行ったことのある方は、宮司さんが唱えているのを見たことがあると思います。

神事の際に唱える祝詞や、穢れを落とすための祝詞、神棚に奏上する祝詞など、祝詞の種類はたくさんあります。

初心者が始めに押さえたい有名な祝詞

上記で、祝詞はたくさんの種類があると述べましたが、最初に押さえておくべき祝詞があります。

あらゆる場面で奏上できる祝詞ですので、祝詞初心者は、下記の祝詞を最初に押さえてください。

・ 祓詞(はらえことば)

・ 大祓詞(おおはらえことば)

・ 神前拝詞(しんぜんはいし)

・ 神棚拝詞(かみだなはいし)

まずは上記4つの祝詞が重要です。

祓詞は、神事の前に奏上されます。穢れを落とすための祝詞です。

大祓詞は、罪、穢れを払う祝詞です。

神前拝詞は、神社の前で読む祝詞です。

神棚拝詞は、神棚に向かって奏上する祝詞です。

祝詞の効果

では、どうして祝詞を上げるのでしょうか。

祝詞を上げることで得られる効果は、

・ 穢れを落とす

・ 神様と縁がつながる

・ 心願成就

・ 神様に喜んでもらえる

・ 魂の格を上げる

祝詞の奏上の仕方

参拝と同様に、心を落ち着かせてから行ってください。

神社で行う場合、一般的な参拝と同じく、手水で口と手を清めてから神前へ進みます。

鈴を鳴らし、2回礼をしてから奏上します。

奏上が終わったら、2回礼をして2回拍手。1回深く礼をして終わります。

家の神棚で行う場合も、2回礼をしてから奏上し、2回礼をして2回拍手し、1回深く礼をして終わります。

奏上の際の注意点

祝詞奏上は、神様に対して行うものです。

奏上前には、必ず心を落ち着かせて、呼吸を整え、心と体を清めてから奏上しましょう。

神事の際も、しっかり心と体を清めた後に、まず第一に祓詞で穢れを落としてから、他の祝詞へと移っていきますよ。

また、祝詞奏上中に中断することはいけません。

一度奏上を始めたら、最後まで奏上しましょう。

祝詞奏上は、一定のスピードで行いましょう。

神社へ行き、神前で祝詞を奏上する際には、他の参拝客の邪魔にならないように、端へ避けて行いましょう。

また、あまり大きな声で奏上するのはやめましょう。

おわりに

神社への正しい参拝方法をマスターしたら、次は「祝詞」を覚える段階へレベルアップしましょう。

神社巡りが好きな方、御朱印集めが好きな方、パワースポット巡りやスピリチュアルに興味がある方は、祝詞の存在を知らないわけにはいきません。

「お経は知っていいるけど祝詞ってなに?」の段階から抜け出しましょう。

皆さんが幸せになりますように。祝詞の紹介でした。

御朱印
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハリネズミをフォローする
【ハローグ】ハリネズミの御朱印たびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました