気に入ったらポチっとお願いします

【御朱印旅のすすめ】御朱印を集める意味と理由

スポンサーリンク
ランキングに登録しています。
気に入ったらポチっとお願いします。
御朱印
スポンサーリンク
スポンサーリンク

御朱印をあつめる意味と理由

私も、御朱印の存在を知る以前は、「どうして御朱印を集めるんだろう」という疑念を持っていました。

なので、御朱印に興味がない人の気持ちもわかります!

御朱印って、何かのきっかけで「良さ」を知り、「興味」を持たないと、集める意味を見いだせないものですよね。

そして、人生の中で御朱印と出会う機会なんて極めて少ないですよね。

ブーム真っ盛りの時はテレビで取り上げられたりしていますが、時期が過ぎれば「御朱印」というワードさえ聞かなくなりますよね。

御朱印を集める意味については、人それぞれ違うと思います。

ですが、大前提としての「御朱印を集める意味」があります。

それは、神様と御縁ができた証ということです。

元々は、経を奉納した証に頂くものでした。

起源は江戸時代なので(それよりずっと前からあったぞ!という事も言われています)、その後、神仏分離がありまして、神社にも御朱印というものが残っており、日本の神社、お寺どちらでも参拝すれば御朱印を頂けるようになっています。

では、神様とのご縁ができた御朱印は、ただの証として残っていくのかというと、そうではありません。

御朱印は、頂いた神社の代わりともいえるものです。つまり、お守りになりますし、手を合わせることもできます。そして、ご利益を授かることができます。ですので、扱いには細心の注意を払わなくてはいけません。(雑に扱わない、汚さない、綺麗な場所に置く、神棚に置くなど)

そして、自分が亡くなった際に、御朱印と一緒に仮装されることによって、御朱印をあの世に持っていくことができます。そして、その御朱印を持って閻魔様の元へ行くと、天国へのパスポートになると言われています

御朱印集めに付随するメリット

御朱印を集める意味と理由は上記の通りですが、御朱印を集めるために外へ出かけると、たくさんのいいことに出会えます。

神社へ行くのですから、やはり、パワースポットで心が癒されるというメリットがあります。

善し悪しが問われることもありますが、限定御朱印やキレイ・カワイイ・オシャレデザインの御朱印へのコレクター心がくすぐられる

ツイッターやインスタをやっている人なら友達もできます。

神社目当てで、行ったことのない土地へ行くことになるので、絶景に出会えたり、名産物を味わえたりと、旅行と同じく、良い思い出になります。

御朱印を頂く際の注意事項

御朱印は、もらうものではなく、頂くものです。礼儀をしっかり持ちましょう。

近年問題視されているのが、御朱印ブームにおけるマナーの悪い御朱印マニアの出現。

これにだけはなってはいけません!私も、御朱印を頂くために列に並んでいると、舌打ちしたり貧乏ゆすりする人を見かけたことがあります!神様も見ていますよ!

宮司さん、巫女さんが悲しんでいます!

「予約したんだ!」とか嘘をついたり、「遠くから来たんだぞ」と怒鳴る人さえいると、テレビでやっていました。

御朱印を頂く第一の目的を忘れないでください!

神様と御縁ができた証

ですよ!

参拝方法と御朱印を頂戴する方法

参拝については、下の記事で書きました。

参拝時のマナーなどについてサッパリ分からなくて不安という方は、こちらの記事で神社参拝時のマナーや心構えなどについてまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

神社への正しい参拝方法~マナー・手順・心構え
神社への正しい参拝方法やマナー、そして難しいと思われがちな参拝の手順などについて、わかりやすく説明します。

御朱印を頂戴する方法については、まず、参拝をして下さい。

まず、参拝ですよ!参拝した証に御朱印を頂くのですから。

その後、社務所もしくは、お守りを置いている所へ行きましょう。

(一見して社務所が見当たらず、敷地内の家のチャイムを鳴らしてみるとビンゴ!そして御朱印を頂くという高レベルな手法を要するところも、極稀にありますが、初心者は大きめで有名な神社を訪ねていけば、こんなシチュエーションには滅多に遭いませんので、ご安心を。)

そこで、御朱印帖を持っている方は、書いてもらいたいページを開いて、

「御朱印頂けますでしょうか」

と言えば大丈夫です。

初穂料は300円もしくは500円です。

御朱印を書いてもらっている間は、心やすらかに待ちましょう。

お守りなどを見ている参拝客の迷惑にならないように隅に避けて待ちましょう。

ケータイをしてるとかタバコ吸ってるとかマナーのない事はしないように。

心と姿勢は連結してますよ!

さいごはしっかりとお礼を言いましょう。

御朱印
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハリネズミをフォローする
【ハローグ】ハリネズミの御朱印たびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました