気に入ったらポチっとお願いします

Webライターとは

スポンサーリンク
ランキングに登録しています。
気に入ったらポチっとお願いします。
パソコン
スポンサーリンク

スポンサーリンク

Webライターとは

はじめに、Webライターとは「Web上の記事を書く人」です。
今ではインターネットが普及し、パソコンやスマホでWebページを見ることができます。ですが、長い歴史から見ると、それも20年くらい前には一般的ではありませんでした。ですので、生まれたばかりの職業といっても過言ではありません。
紙媒体の記事を書くのではなく、Webページ上に記事を書いてクライアントからお金をいただく仕事です。

Webライターの仕事

企業にライターとして採用されて、企業の中でライターとしてWebページを書いている人もいれば、フリーでWebライターをやっている人もいます。


   ・サイトのWebページを書く
   ・記事を書く
    ・人気のお店、新しいお店へ行って取材し、ライティングする
   ・商品のレビューを書く


など、様々ですが、一口に「記事」と言っても、ものすごい種類がありますし、商品のレビューも同じく、商品が違えば表現も変わってきます。


また、投資や保険、美容などの記事を書く場合、経験があって得意な人もいれば、未経験で全く分からないという人もいます。市場は広く、得意な分野を専門にして、深みを武器にライターとしてやっている人もいれば、自分でホームページや書籍を読み漁り、知識をつけてアウトプットしていく人もいます。
フリーWebライターの方は、
   ・ランサーズ
   ・クラウドワークス
   ・サグーワークス
といったクラウドソーシングサイトで依頼を受けて、日々こなしていく方と、
直接企業にアプローチして記事を書かせてもらうタイプの方がいます。


クラウドソーシングサイトは仲介料が取られるため、直接企業と契約しているライターの方が稼げます。
上記サイトは大手のクラウドソーシングサイトで、私はランサーズメインで、クラウドワークスも利用させていただいています。

Webライターの収入に直結するのが、「文字単価」です。
Webライターの収入は、「1文字いくら」です。たとえば、
文字単価1円で、6000文字 の仕事なら、6000円が報酬となります。


ちなみに、経験を積むとクライアント側に「文字単価2円にしてほしい」「文字単価3円にしてください!」と交渉と値段交渉することが多々あります。こうなれば、おのずと収入は文字単価1円の2倍、3倍になっていくわけです。
※ですが、文字単価0.1円や0.5円などの依頼もたくさんあります。駆け出しの人は修行のためにこういった依頼を受けてもいいと思いますが、収入面を考えると、これではなかなか生きていけません。

Webライターの年収

サイト「はたらいく」のデータでは、年収は約250万、月収は18万くらいが平均。
もちろん、それ以上稼いでいる人もいれば、それ以下の人もいます。


統計を取る場合、本気でやっている人と本気でやってない人は混ざってしまうものです。
駆け出しのころは収入はとても低いです。(無名なので)

ですが、実績を積んで、ポートフォリオとして売り込んでいけば、仕事が取りやすくなったり、企業側からコンタクトが来たり、文字単価も上がっていきますので、年収は数か月すれば上がっていきます。0から始めても、しっかり書いて、クライアントとの関係性を築き、継続していけば、収入がずっと平行線ということはないでしょう。

ものすごく成功した人を除けば、一般的なサラリーマンより少し少ないくらいの稼ぎと思ってください。(自由な時間はサラリーマンよりありますし、慣れてきて作業効率が上がっていけば、早く仕事が終わって残業なし。)

Webライターに向いている人

書くのが好きな人!


誰でも言うと思いますが。


そして、
様々な経験をしている人!


Webライターの仕事は上記で述べたように多岐にわたります。
これに強いと良い!という知識は金融関係や保険、美容と言われていますが、そういった仕事の経験がある人は有利ですし、少数派の趣味を持っているとか、みんながやらない様な仕事をしていたという方は、その分野の記事を書かせたら誰にも負けません。

Webの記事に大切なのは、「素人がわかりやすい記事」です。
そのことは一般人より少し深く知ってるぞ!でいいのです。
それを、わかりやすい表現や伝え方で書いていくのがWebライターです。文章力は大切ですが、新聞記者レベルの正しい日本語、表現方法が無いと務まらないという仕事ではなく、「興味をひいて分かりやすく伝える」のが仕事です。

Webライターに向いていない人

書くのが苦痛な人!


これだけです。

取材とか営業嫌いです。という人も不向きとは言えません。今は仕事をネット上で取ることが多いですし、ネット社会が発展して、家庭に直接訪問する営業方法は減少しています。営業の舞台はWeb上へと以降しているのです。

また、クライアントとの打ち合わせ等で、チャットを使うときもあれば、メールだけで終わらす時もありますので、人付き合いが好きでない人も、不向きとは言えません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました